読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バルセロナ二日目〜ガウディ日和〜

10月30日(日曜日)

 

朝はのんびりして、午後から行動。

シャワー浴びようにもタオル無くて、

「もうええやん。スペインやし」と不潔も陽気さで吹き飛ばす。

オールバックでレッツ観光。ひゃっほ〜!

 

 

 

ハイブランド店が並ぶ五番街のような道。

バーバリープラダと並ぶ様に、バトリョ邸は建っていた。

f:id:marina10feb93:20161226232358j:plain

 

チケットを買って40分ほど並び、音声ガイドをもらっていざ中へ。

昔バトリョさんがどんな生活をしていたかのイメージ映像が、

実際の映像をカメラで写すと、iPodのスクリーンに映る。凄いハイテク。

f:id:marina10feb93:20161226232624j:plain

海をイメージしてガウディが設計・デザインした 大富豪バトリョさんのおうち。

 

直線の無い丸みを帯びたドア・窓・階段・手すり・壁が

異空間を演出していて、まるでリトルマーメードの世界。

f:id:marina10feb93:20161226232738j:plain

f:id:marina10feb93:20161226232807j:plain

f:id:marina10feb93:20161226232901j:plain

 

こんなデザインが出て来る想像力と

イメージを形にできる知識と技術を兼ね備えてる

ガウディ職人、かっこいい…!

 

 

屋上を外からみると、ドラゴンのような生き物に見える

ファンタジーなおうち。

f:id:marina10feb93:20161227002326j:plain

f:id:marina10feb93:20161226233549j:plain

妹「そないすごさがわからん…」

 

奈良で生まれ育った妹からすると

「110年前の建築物?ふふ。まだまだケツが青いわね。1000年越えてから出直してきな!」

といったところでしょうか。(黙れ!家燃えろ!)

 

それからサグラダファミリアへ!

f:id:marina10feb93:20161226233708j:plain

 

昔から教会に通ってるし、色んな教会に行く度に

いつもやけに背筋の伸びるような、自分の良い所だけを見せないと!

と真面目な気持ちになるんだけど、

ドロドロに溶けた様な複雑な外観や、

天使だけでなく異様な人や生き物が目を凝らすと見えてくる

サグラダファミリアは、

人の色んな面を受け入れてくれるような気持ちがしました。

 

まあ、満員で中には入れませんでしたが。(ズコーーーーー)

 

f:id:marina10feb93:20161227002237j:plain

 

 

ピカソ美術館も満員で入れないし、ガウディの公園ももう閉園だし

途方に暮れる女ふたり。

 

たまたま一番好きな作家のよしもとばななさんがイベントでバルセロナに来てて、

でもそのチケットが完売で行けなくて、 

Twitterで「大好きなんで会いたかったです!」と言うと

「どこかでばったり会えると良いな!」とリプ下さったので

どこかでばったり会うためにバルセロナ中を徘徊しようかとも考えたけど、

無謀なのでやめて、シンプルに徘徊。

 

道中に人が多過ぎて、酔ってきて

もういやだ…と倒れかけた頃にレストランへ。

バルセロナ最終ごはんは、イカスミのリゾット。

 

f:id:marina10feb93:20161226232258j:plain

店内暗過ぎて、リゾットが見えない…

でもひたすら美味しかった〜。

この写真じゃ絶対に伝わらないけど、美味しかった〜!

 

最後に夜のサグラダファミリアへ寄って帰宅。

そして早朝に空港へ。

 

f:id:marina10feb93:20161226232522j:plain

 

まだまだ未完成の部分も多いサグラダファミリア

完成したらいつかちゃんと行きたいな〜