はらまりなの空回りな日々

旅行や日々のあれこれを介して、思ったことを綴っています。今何かしらに影響を受けてるんだな、と暖かく見守っていただけると幸いです。何卒。

妹の卒業コレクション見にパリへ行った話 その2

パリ三日目は、朝からESMODE PARISの学生達による

卒業コレクション。

 

妹の通うESMODEは、世界14カ国21校で展開されている

服飾専門学校で、日本にも東京と京都に分校があります。

 

 

妹は、堀江に去年まであった「大阪校」に二年通って

服飾の基礎を学んだ後に

去年から「パリ校」にある子供服コースに通って

ステキな子供服を作るための専門的な勉強をしています。

 

 

 

ライブハウスをランウェイにした会場を

ネオンライトが染め、

親族、友達、先生方、生徒達で会場が膨れ上がる頃

学校長の始まりの挨拶が始まり、

音楽と共に証明が暗くなると

 

ショーのスタート。

 

 

 

f:id:marina10feb93:20170730165614j:plain

f:id:marina10feb93:20170730165523j:plain

 

 

パリ校は、日本の分校にはない専門的なコースがいくつもあり、

ランジェリー科や、アクセサリー科、コスチューム科といった

日本にはないコースがあるのも特徴。

 

自分の興味を伸ばし鍛えれる環境で勉強し、

制作を重ねる事で

これまで存在すらしなかった物を

美しく創り上げる技術を磨いた学生たち。

 

卒業コレクションは、彼らにとって

学生時代最後のファッションショーなのです。

f:id:marina10feb93:20170730170411j:plain

 

f:id:marina10feb93:20170730165547j:plain

 

f:id:marina10feb93:20170730165602j:plain

 

 

普段も着れそうなオシャレなスタイルから

ラグジュアリーなドレスまで

学科ごとに 素敵な衣装に身を包んだ

モデルさん達が続々と登場。

 

パリの本校は、世界中の分校から生徒が集まるので

いろんなデザインがあって面白い。

 

妹が大阪校で学んだ刺繍も

パリの生徒達からしたら新鮮らしく、

やり方教えてあげてる、って前に話してたし

色んな興味やスキルを刺激し合える環境で

学べるっていいことだよね。

 

 

音楽が変わり、

待ちに待った子供服学科のショーに。

 

 

f:id:marina10feb93:20170730170422j:plain

 

 

f:id:marina10feb93:20170730165725j:plain

 

 

Défilés du midi - ESMOD 2017 - ESMOD INTERNATIONAL FASHION UNIVERSITY GROUP

20:55 辺りから出てくる3人の女の子たちが

妹の服を着て出てくれたモデルさんたち。

 

妹がいろんなツテや、ネットを使って

学校のある平日に出てくれる女の子を探しまわった

結果見つけた貴重なモデルさんたち。

 

f:id:marina10feb93:20170730165632j:plain

f:id:marina10feb93:20170730165709j:plain

 

可愛い服を着て 嬉しそうにランウェイを歩く子供達を見て

会場の大人達にも笑顔が伝染してた。

 

そんな空間を、服によって生み出せる妹は

とてもかっこいいな と思ったよ。

 

昔から誰よりも優しくて

思いやりがたっぷりの妹が作る服は

子供達への優しさが詰まっていて

きっと着てる子供達みんなを幸せにできる服だと思う。

 

そして子供達の笑顔は、今回みたいに

大人にもおもしろいくらいに伝染するからね。

 

 

自分の才能を信じて行動し続けるのは

とても難しいことだけど、

 

これからも、あゆには人を喜ばせれる服を作る

センスも技術もあるということを

信じて突き進んで、

たーくさんの人たちに愛される

服を作り続けてください。

 

そんな妹の素敵なショーを生で見れて

大満足でした〜

 f:id:marina10feb93:20170730175547j:image

f:id:marina10feb93:20170730175519j:image