読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長崎にて〜その1〜

妹「あゆさー、田舎に住んでのんびり暮らしたいねんな」

私「結局そうやんな。でも田舎って言っても色々あるやん?」

妹「ヨーロピアンチックなオシャレな街で古着屋とかしたいねん」

私「私海の近くに住んで、いつもホッとしたい」

妹「長崎ってじいちゃんの出身地やしなんか馴染みない?てかあの訛り話したいねん」

私「修学旅行以来やけど、なんか親近感あるし、色々丁度よさそうやんな」

妹「じゃあさ、将来の移住計画の下見いこうや」

 

というわけで、やって来ました

長崎。

 

うぅ〜ん!路面電車のレトロ感!!

やはり大阪とは時間のスピードが違うし、空が広い!

それに潮の香りが、なんとも切なくって、しびれちゃう!

f:id:marina10feb93:20161229045834j:plain

f:id:marina10feb93:20161229045859j:plain

 

お腹をすかした我々は、とりあえずのちゃんぽん。

チャ〜イナタ〜ウン♪(矢沢永吉

f:id:marina10feb93:20161229045931j:plain

 

なんせ移住計画のための旅行なので、若干方言を九州寄りにしてみるが

すぐ地元民に関西人だとばれる。

ああ恥ずかしい。

 

江山楼のちゃんぽん!

f:id:marina10feb93:20161229050023j:plain

 

皿うどん

f:id:marina10feb93:20161229050002j:plain

 

f:id:marina10feb93:20161229050044j:plain

f:id:marina10feb93:20161229050135j:plain

モチモチの麺と、シーフードの風味のスープがとても美味しい…

ふう。幸せだわ、こりゃ。

 

f:id:marina10feb93:20161229050201j:plain

 

続きまして、地元っぽいバーに行こうと探して見つけたのがこちら!

森山酒店という酒屋の奥にある、『ちょこっとBar』

f:id:marina10feb93:20161229050543j:plain

f:id:marina10feb93:20161229050504j:plain

 

 

焼酎や日本酒などたくさんお酒が並ぶ。

f:id:marina10feb93:20161229050656j:plain

 

 

その中で、長崎で作られた日本酒『はねぎ搾り』を注文。

甘くて飲みやすく、とーっても美味しかった〜!

 

f:id:marina10feb93:20161229050415j:plain

 

おつまみや一品料理も種類がたくさん並ぶ。

f:id:marina10feb93:20161229050351j:plain

 

カウンターで飲んでいたら、隣で飲んでいたお兄さんに

「お姉さん、一味取ってもらっていいですか?」

と頼まれ、一味唐辛子が入った瓶を渡すと、しばらくして六百円をくれて

「これ一味代じゃ。お姉さんありがとうな」

と言って去って行きました。

 

…それが、お父さんとお母さんの出会いよ。

だから、あなたには「一味」と名付けたの。

 

なんてスパイシーな六百円の恋は走り出すこともなく、

長崎の夜は更けていきました。

 

あのBar移住したら行きつけにしよう。

 

それからバスとロープウェイに乗って世界新三大夜景に選ばれた夜景を見に稲佐山へ!

ロープウェイで333メートルまで登ると…

f:id:marina10feb93:20161229050726j:plain

 

坂が多い地形なので、近くの建物でも遠くにあるように見える不思議な夜景。

繁華街も港も、原爆の被害にあった場所も、キラキラと輝く。

昔から海外との接点が多く、多くの喜びも悲しみも産まれて来た長崎。

 

祖父もこの風景を愛していたんだろうな。

 

優しい気持ちにさせてくれる稲佐山の夜景を見て、心が洗われました…

 

 

f:id:marina10feb93:20161229050820j:plain

 

遠くにあった葉加瀬太郎をわざわざ持ってきて、メッセージもわざわざ「結婚記念日」に変える笑いに貪欲な関西人たち…

ああ、恥ずかしい…。