ヤクザと憲法

 
 
日本帰ってからすぐ始めた
毎日放送の報道局のバイトで、
MBSのアナウンサーの方と仲良くなった。
 
こないだその方がやってるインプロという
即興のお芝居の舞台を見に行って、
おおー!新しい!と感激したので
GWお茶しましょ〜ということで 
お久しぶりにひたすら
ジャーナリズムや演劇などを4時間半くらい語り続けるアツい会をしてきました。
 
お互いに関心があることが似ていて、
考えをわかってくれるのがとっても
ありがたい( ;  ; )
こんなにわかってくれる人も
まず居ない!
 
わたしがアメリカで学んだジャーナリズムの考えとかも、日本でジャーナリズムをされてる そのアナウンサーの方からすると新鮮らしく
とても興味深くお話聞いてくれて
とっても楽しい時間でした〜
 
そんだけ学んだ事があるんだし
日本で報道して欲しいっていつも言ってくれる。
 やってきたことを認めてくれて期待してくれてる それだけで どんだけ心が救われるか( ;  ; )
報道はおそらく仕事ではできないけどね。。
 
 
日本のジャーナリズムは慎重になりすぎてるから、アメリカ式に どんどん発していって
問題提示をして考えてもらったり、
火の無い所に煙は立たないから
情報発した後に訂正してもいいんじゃないか?って事とか
日本での新しいテレビジャーナリズムの形を
論議して 面白かった〜
やっぱジャーナリズム好きだわ〜。
 
 
 
それから、いろいろあってヤクザの話になって。
 
 
いま「ヤクザと憲法」っていう
東海テレビが制作した
ドキュメンタリー映画が巷でアツイ!
という情報を入手し、
 
行ってまいりました
ウィズ 父
 
f:id:marina10feb93:20160510023945j:image
 
父に映画のこと話したら
どうしても行きたいというので
ふたりでそわそわワクワク
十三にある第七藝術劇場まで
観てきました。
 
ある大阪の小さなヤクザ事務所を
しばらく追ったドキュメンタリーなんだけど。
 
育った環境とか 人間関係とか
お金とか 普通の社会では生きれない
ヤクザの人たちの闇は
底知れないんだな、とどんより。
 
最後に 事務所のトップのひと(役職忘れたけどすごく男前)
が 
「普通の社会じゃどこも受け入れてくれへん」
と言っていて、
 
わたしたちの住む平和な世界との隔たりを感じた。
 
けどやっぱり平和な世界は
私たちには嬉しいことに 
ヤクザの世界にも広がっていて、
 
いまはヤクザは暴力団対策法に
がんじがらめにされていて、
銀行口座も作れない、
幼稚園も受け入れてもらえない
一昔前よりもっと住みにくくなっているらしい。
 
そこに対して組の人たちは
憲法に記されている
基本的人権の尊重」を訴えていて。
 
暴力団対策法 vs 憲法
で今彼らは、戦っているようです。
 
ドキュメンタリー映画を撮らした訳も
そこにあるのかな?とわたしは思った。
 
麻薬の売買や、保険詐欺
というヤクザな仕事はぼんやり映ってたけど、
 
それを映してもいいよ。ってくらいの
スタンスでドキュメンタリーを撮ってもらうことで、
 
政府と争ってる人権の問題が 改良されればいいなと思ったんかな。と。
 
父が言う通り、「ただ撮ってもらいたいんや。男前やから映りたいんやろ!」かもしれませんが。
 
 
若い男の子以外はみんなおじいさんに近いおじさんで、 
組の廃れ具合はひしひしと伝わってきました。
 
が、
 
映画自体は大人気。
父が始まる1時間前に劇場に電話したら、
もう無くなるんで早く来てください!と。
 
 
その日も劇場は超満員。
連日満員らしいです。
 
 
たくさんの人の興味をそそる ヤクザは
アウトレイジだけど哀愁があるとこが
ミステリアスで
人々の心を揺すぶってるんだろうね。
 
最近観た韓国映画の 「江南ブルース」(韓国題「江南1970」)も兄弟でヤクザの話なんだけど
 
安定のノスタルジックと人間らしさで
とても良かった〜!
社会から切り離されてるからこそ上手く利用されて、捨てられる 
アウトレイジを選んだ生い立ちを恨む系の
切ない韓国映画は大好き。
 
そりゃあ 平和にスムーズに生きた方がいいんだろうけどさ。
 
少し生きにくい方がドラマチックだよね。
 
映画でも小説でも
障害がない物語をだれが聞きたい?
 
心を揺すぶられる系の人生を歩みたいと。
 
少しアウトレイジに哀愁漂わせて生きる生き方が、わたしは個人的に好みです。
(平和ボケしてるお嬢より)